読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠浅の死海。

文字の海に溺れて死にたい。幸福の国。

TLFJ.

変わらないために、変わり続けるために。

 

好きなバンドのLIVEって、どうしていつも最高なんですかね。

 

✳︎

 

あの日。はじめて彼らの音楽を身体で聴いた日。どうしようもない感動に襲われたことを思い出した。 

 

誰が最初に言ったのか。

 

tacicaの曲は、どれも褪せない』

 

確かにそうだ。新曲も旧曲もない。過去も未来も、彼らにはない。それはつまり、何時だって“現在”にいるということなのだろう。

 

日常を生きていると、何時の間にか日常に取り込まれて仕舞うのが人間の世界。その自分という日常を、◯か✖️かで評価するだけになる。そんなかさぶたみたいに固まった日常に問いを投げる、そんな直球で誰にも分からない答えを彼らは唄う。

 

何を書いてるのか分からない。
でも、それが本当なのだ。

 

✳︎

 

久しぶりに聴いた彼らの音楽は、あの日とは少し違って観えた。でもやっぱり、最高以外の何物でもなかった。

 

変化って、何なんですかね。成長も停滞も退化も全部。そのモノや、そのヒトの、そのトキでしかないじゃないですか。点と点と点でしかないじゃないですか。

 

時間というのは不思議なもので、水の流れに意味を持たせた。本当はそんなもの、あるわけないのに、ね。

 

今を生きる、とか言うと。急に俗っぽくてダサくなるけど。生きてるって事実は、常に今しかないんだよ。その当たり前を証明できるのは、本当に、今しかない。だから“今を生きる”って変な言葉だ。僕らの“生”は“今”にしかないのに。

 

そんなことを思いながらの2時間ちょっと。また行こうと思えた今が、ここにあります。変わらないために、変わり続ける。今日の僕も、いつかまた、きっとどこかで。

 

fin.