遠浅の死海。

文字の海に溺れて死にたい。幸福の国。

宇宙よりも遠い場所

アニメの話。

 

夏の名作を「あの花」とするならば、冬の名作は間違いなく「よりもい」だ。

 

ãå®å®ãããé ãå ´æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

放送されていたのは今年の1月から3月。

リアルタイムでは観れていなかったので、半年遅れでの鑑賞。

 

━━結論から言うと、めっちゃ泣いた。胸が震えた。

 

アニメ作品でここまで感動したのは「あの花」以来だと思う。

しかも、感動レベルは個人的にはあの花以上。

 

まだ未観の人には期待値上げすぎと思われるかもしれないが、大丈夫。

 

少なくとも、あの花で泣いた人は絶対に好きになる。

DVDとかグッズとか買っちゃう。

 

さっき全13話を鑑賞し終えて、どうにかこの気持ちを残しておきたい!

それと、まだ観てない人がいたら絶対に観てほしい!

という気持ちで書いてるけど、言葉にするとうまく伝わらない。

 

とりあえず、僕なりにストーリーの導入部分を簡単に説明してみる。

 

主人公は玉木マリ(キマリ)、小淵沢報瀬(しらせ)、三宅日向(ひなた)、白石結月(ゆづき)の4人。

 

キマリは「青春っぽいこと何かしたい、ここじゃない何処かに行きたいと悩む」ちょっとビビりな普通の女子高生。卵料理が好き。

 

報瀬は3年前に南極で消息を絶った母親(貴子)を探すため、自ら南極に行くことだけを目標に生きている変人美人。正義感と意思は誰よりも強い。

 

日向はキマリ・報瀬と同い年だけど高校に通っていない、明るい性格のコンビニ店員。頭が良く、ムードメーカー。報瀬にも負けない努力家。

 

結月は3人よりも1つ年下で、子供の頃から芸能活動をさせられているアイドルタレント。特殊な育ちからかものすごい人間不信。慎重な性格。

 

もともと「絶対に南極へ行く」という目標は報瀬ひとりのものだった。

 

しかし、報瀬の不器用ながらも真っ直ぐすぎる想いが、それまで全くの他人だったキマリ・日向・結月を不思議な力で繋げていく。

 

とまぁ、あとはそれぞれの理由と過去を胸に、全員で全力で南極を目指して行く話。(ざっくり)

 

ほんとは主人公の4人全員、一人一人についてびっしりと長文を書きたい気持ちですが、それは野暮なので今日は控えます。

 

というか、それくらい名作には名キャラクターが必須で、そのためには監督さん・声優さんはじめ、各部門の制作スタッフの高いスキルと強い思いが必要だと思っていて(偉そう)この作品にはそれが全部そろってるんです。

 

それに、個人的には観る前のイメージと観た後の実感とのギャップがすごくあった。

 

作品のタイトルとかテーマとか絵のタッチとか、なんとなく“ゆるふわ日常系”かなぁって思ってたのが、実際はかなり“現実”を真剣に見つめた作品で、でも観る前のゆるふわなイメージも作品の要素としては確かにあって、むしろそれがちゃんとあるからこそギャップを描いた時に最大限に効果が発揮されるのだと思うし、何より人物の心象がものすごく丁寧に描かれていて、特に何と言っても報瀬のあのシーンには絶対数えきれない人が救われたと思うし、泣いたし、報瀬だけじゃなくてキマリも日向も結月も、今ここには書いてない実はこっそりキーパーソン的な役割を担ってるキマリの幼馴染で親友のめぐっちゃんとか、民間南極観測隊の藤堂さんとか前川さんとか、本当にもう登場人物全員が確かに“生きてそこにいる”って感じがギュンギュン伝わってくるから、嬉しいとか苦しいとか悲しいとか最高とかいう感情という感情が自分の中に当たり前のように入ってくるんよね。あ、それとそれとOPEDも曲・映像共に最&高だからそれだけでも名作感伝わるからまずは、それだけでも見t.kudasiii…

 

はーーー、、ここで一息。

 

で、これも個人的な意見だけど。

 

この作品のテーマは表向きは「青春」だと思うんだけど、裏テーマがあるとすれば「砕氷」だと思う。

 

南極には氷を砕きながら進む「砕氷船」っていう超カッコイイ巨大な船に乗って行くんだけど、その船の進む様が、僕には主人公たちが一歩づつ、不器用でも真っ直ぐにぶつかりながら前へ前へと進んで成長して行く様子とリンクしたんだよね。それを強く思ったのが、第11話ラスト数分のあのシーン。まさに砕氷船そのものだった。

 

そんな感じで短くまとめようと思っていたのに長々と書いてしまいました。

 

あまり僕は自分の好きなものを人にオススメとかしないタイプなんだけど、これは本気で全人類に勧めたい。

 

きっと今から“よりもい”を観るアナタも、観終わった後は僕と同じ気持ちになるはず。

 

これも普段は滅多に言わないことだけど、マジで観ないと人生損してるよ!!

 

ではでは、僕の拙いレビューはこの辺で。

 

ãå®å®ãããé ãå ´æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

ありがとうございましたー❄︎

血の通ったアスファルト

想像していた丁度2倍かわいくて、

想像していた丁度3倍カッコ良かった。

 


はい。

 


結論から先走ってしまいましたけど、要するに、ついに行ってきましたよ。

 


FINLANDS『BI TOUR ONEMANLIVE』 in OSAKA。

 


いやー、最高だった。

出来ることなら毎週行きたいくらい。

 


とまぁ、普段は出不精で感情の起伏が極めて薄い僕が珍しく心を揺さぶられたので、その熱が冷めないうちにブログに残しておきます。

 


今日のライブハウスは大阪駅から徒歩数分の場所にある梅田シャングリラ。収容人数は300人超で、名前とかけてあるのかシャンデリアと、何故かミラーボールがあった。

 


前置きとして、そもそも僕は人混みが大嫌いだから、好きなアーティストがいても余程の魅力を感じない限りはライブには行かない。

 


だから今までライブに行ったことのあるアーティストは3組だけで、FINLANDSは“ライブに行きたい”と思えるほど好きになった4組目のバンドというわけだ。(※どーでもいい情報)

 


僕がFINLANDSを知ったのはyoutube。特徴的な声質と印象的なビジュアル。つかみどころの無い歌詞が心地の良いリズムに乗って、頭の中を通り抜ける。けれど、彼女らの音楽は決して頭を素通りすることはなく、僕の内側にざらついた余韻を残していった。

 


そのざらつきの正体は何なのか。

 


FINLANDSの音楽にヤラれてしまった僕は、その違和感を確かめたくて何度も何度もリピートした。何度も何度もリピートしたが、聴けば聴くほど分からなくなって、苦しくなって、どんどん好きになってハマっていった。

 


ほんと、形容しがたい不思議な魅力を持ったバンドだと思う。

 


ボーカルの塩入冬子、ベースのコシミズカヨ(ぽんこつ先生)、サポートメンバーのギター、ドラムの4人で奏でられる音楽は、素人目から見てもバランスが取れていて、静かな曲も激しい曲も完成度が抜群に高かった。

 


約2時間のパフォーマンスはとてつもなく濃厚で、それでいて相当にクールだった。この人たちは、FINLANDSは、本物だなと、今日のライブで確信した。

 


で、突然の宣言だけど。

 


僕は人に寄り添う音楽が嫌いだ。

答えが決まってる音楽が嫌いだ。

 


なんてことを、ライブ会場で音楽を聴きながら何故か考えていた。

 


それから。

 


『血の通ったアスファルト

 


なんとなく、そんなフレーズが頭に浮かんだ。

 


自分でも、意味はわからない。

 


音楽とかアート作品に対して好き嫌いを公言するのは野暮だとは思うし、今から全然関係ない事を言うけど、彼女らの音楽や人間性の根底には“都会の中に息づく木々”が見えたんだよね。

 


は?って思うでしょ。

僕も思う。

 


だってFINLANDSの二人は、曲間のMCでは実に淡々としていて、けどそれがめちゃくちゃ人間だなぁって感じたんです(語彙力)。

 


このままだと脱線して大事故になりそうなので無理矢理まとめに入りますけど、真剣に何かと向き合ってる人っていうのは、絶対に周りの人間にその体温・熱が伝わっていくものなんだなって。

 


軽々しく命賭けたりしないんだなって。

 


そういう話で終わろうと思います。

 


毎度好きなもののプレゼンが恐ろしく下手な僕が徒然と久しぶりに書いてみました。

 


・・・秋ですなぁ。

青春に殴られてこい。

これは結論から言うと、

否、むしろ結論だけで良いかもしれないが。

 

「劇場版フリクリ オルタナ

 

最高に青春だから、黙って映画館で殴られてこい。

 

以上。

 

以下、補足。

 

物語は地球星にて、群像劇の舞台は日本国。

主人公はカナブン、ペッツ、モッさん、ヒジリーの、たった4人のセブンティーン。

そして宇宙人のハルハラ・ハル子。(※永遠の19歳)

 

女子高生というのは、本当に絵になる生き物だと改めて思った。

 

傍目には平凡で平和な生き物にしか見えないのに、一人一人が内側に抱える「自分」は、とても複雑で、純粋で、卑怯で、優しくて、脆くて、絶対に交わることはない。

 

まるで青春の権化のようだと、この作品は彼女らを最大級に暴れさせていた。

 

永遠とか、そんな刹那的な理想なんて何処にも在るはずない。

そんな事はきっとみんな解ってるし、誰も解ってない。

 

そうやって右脳と左脳を行ったり来たりしながら、心と体がバラバラになりそうになりながら、観客としてフリクリの世界から不意打ちをくらう。

 

一瞬一瞬がどうでもよくて、かけがえのない無意味な宝石。

 

兎にも角にも、この僕の文章のように、とりとめもなく、文脈のないストーリーが繰り広げられていく訳だが、そんな作品の“関節”となるのが、言うまでもない“ハルハラ・ハル子”だ。

 

何も前知識は要らない。

 

全く意味がわからないかもしれない。

 

けど、平成最後の、二度と戻らないこの季節に。

 

一発殴られてみるのも悪くないだろう。

 

全てのツマラナイ人間へ。

 

フリクリは「叫べ!」と掻き鳴らす。

何か大きな決断をするとき

何か大きな決断をするとき

 

今、君が身をおいている場所から、どこか目指したい場所へ(例えばオーディエンス側からプレイヤー達が闘うフィールドへ)最初の一歩を踏み出す瞬間───

 

最後の最後で足踏みするか、一線を踏み越えられるかどうかを決めるのは、今までに君の胸を熱くしたものだけだ。

 

胸を熱くしたものは何だっていい。本当に何だっていい。

 

好きな漫画やアニメの、あのキャラクターのあのセリフ、

何度でも観たい映画のあのシーン、

昔出逢ったあの人に言われたあの一言、

生涯忘れないであろうあの景色、音楽、

日常のふとした瞬間の光、

人間の純粋な感情や行動(善意や悪意も含めて)、

 

思い出せるだけ思い出す。

 

その一つ一つが、あの日の君を一瞬でも、確かに熱くさせたこと、胸の奥を震わせたことを思い出す。

 

そういった確かな記憶だけが、伸るか反るかの狭間に立った君の背中を否応なしに押してくれる。

 

これは情熱的な・感情的な話ではない。

 

ただただクールに、ロジカルに。そういう事実が現在の自分を形作っているのだという、リアルな血の気配と鼓動を再認識するということ。

 

 

自分と向き合うというのは、口で言うのは簡単だ。

 

皆、向き合うという言葉に騙されがちだが、それは単純に、鏡の前に立つことではない。(もちろん、比喩的な意味も含めて)

 

自分と向き合うというのは、無意識の底なし沼へ、真っ暗な海底へ、息が続く限り、深く深く潜ることだ。

 

マリンスノーのように降り積もった自分の破片を、何度も何度も目に焼き付けることだ。

 

意識がフッとぶ寸前まで、何度も何度も目に焼き付けることだ。

 

そうして再び海面へ顔を出し、束の間の息苦しさから解放された瞬間、漠然と言う名の不安は消える。

 

目の前を覆っていた靄が晴れる。

 

気付いた時にはもう、君は向こう側にいるだろう。

 

そうして陸に上がった後は、自分の足で一歩ずつ、前へ前へと歩いていくのだ。

自分の未来と真正面から向き合う方法

今日、母からラインが来た。

 

地元の図書館司書の求人(正社員)の募集が出てるから受けてみたら?という内容だった。

 

というのも、僕は一昨年の今頃、司書になりたくて3ヶ月間だけ猛勉強して、一気に資格を取得している。実際、今でも“本”というものに対しては興味はあるし、司書という職業も面白そうだなと思う。

 

けど、まぁ、所詮その程度なのだ。

 

興味がある、とか、面白そう、とか。その程度の好奇心で僕は、20代の貴重な一夏とそこそこの大金をぶっこんで当てのない未来へ投資する事ができた。その資格を今活かせていない事に対しては、少し勿体無いなぁとは思うけど、別に、全く後悔はしていない。ただ、我ながら(今よりも遥かに)馬鹿だったなぁと思う。

 

でもさ、若い時はだいたいみんな馬鹿じゃないですか。

 

馬鹿だからこそ無謀になれて、馬鹿だからこそ夢を見れて、馬鹿だからこそ挑戦できて、馬鹿だからこそ見返りのない努力もできた。それはそれで美しいと思う。そんな過去が僕にはある。

 

それを踏まえて、僕が今日、何を言いたいのかというと。

 

過去、自分の意思で“投資”してきた「時間」「お金」「人間関係」含む、あらゆる経験は、ある一定の時期に達すると自分を決めつける【宗教】に変わる。世間一般に、思い出とか美談とか言われているものだ。

 

確かにほとんどの人間には、そういった“自分教”が必要だ。何故ならそれはそれぞれの帰る場所であり、生きてきた!という証明であり、最後の最期、どうしようもなくなった時に救いになる(もしくはトドメを刺してくれる)ものだから。

 

だから僕は人間の持つこの生き様特性を否定はしないが、ふとした時に自分教にとらわれて仕舞っている状態の人に触れると内側から嫌悪感が溢れてくる。理由は単純で、僕は未来を生きたい人間なのに、自分教は過去しか内包してないから。もっと言うと“今”すら無い。

 

それって死よりも怖いものだと思いませんか。

 

今を生きる!とか、未来だの希望だのを必要以上に声高に唱えたいとか言ってるわけではなく。僕はシンプルに飽きっぽくて、常にカオスで新鮮な状態でありたいのだ。

 

母からのラインを受けてそんな嫌悪感を抱いてしまったが、おそらく母は自分教にとらわれているわけでもなく、ただただ僕が今の仕事よりも司書になれた方が幸せだろうから、こんなチャンス見つけたから教えてみたよ〜くらいのノリだったのだろう。でも申し訳ないが、僕はそんな風に感じてしまった。だって正直、転職して図書館で働くことなんて、今の環境を手放してまでチャレンジする事ではないと思ったし、色んなものを天秤に掛けて考えても実際そうだ。

 

だから、母にはそのようなことを伝えた。

 

過去、どれだけ何かに投資したとしても、それが今の自分に関係があるかと言われたら、僕の場合はほとんど無いと言える。小学校時代、真面目一辺倒で何も疑わず大人の言う事に従っていたことも、中学校時代、自分を中心に世界は回っていると本気で思い込んで全てに前向きに取り組んでいたことも、高校時代、アメフト部に入って血反吐を吐きながらも今が青春の全盛期だと信じ切って体をボロボロにしたことも、大学時代、無理をしてチャラけて、その反動で鬱っぽくなって、それでも自分は正しいのだと疑わず中二病をこじらせたような気持ち悪い成人になったことも。

 

全て、今の僕には関係無い。

 

積み重ねて来た過去は、ただの過去だ。それ以上でも以下でも無い。

その過去に意味をつけたり、言い訳として利用するのは今の自分だ。

 

僕らが自分の未来と真正面から向き合う方法はただ一つ、過去と今を完全に切り離すこと、それしかない。

 

実際「君はそれが出来ているのか」と言われたら、あまり自信はないけれど。気持ちとしては、そう在りたい。

 

こんな似非哲学みたいな文章を書いてしまうのは、最近、自分の将来とか今改善すべき課題みたいなものについて、前よりも深く考えようとしている所為かもしれないが、なんか、また変化してるのかな。

 

でも、変化していると少しでも感じれる事は、少なくとも過去には生きていないということだと思う。これからの時代とか、正直よくわからない事ばかりだけど、過去になっていく様々を、これから自分が投資していく様々を、今や未来を意味付ける宗教にはしたくないなって、今日はそんな話です。

 

前向きに生きる事は、よく過去を受け入れて云々・・みたいに語られるけど、本当に前しか見てないのなら、過去という概念はその人の内側には存在しないはずではなかろうか。

 

あなたが過去を考えるとき、僕の哲学をどう思うのでしょうか。

 

んーー、難しい話になってしまいそうなので、以上、終わりと致します。

ガラスの卵

自意識は「ガラスの卵」だ。

僕ら、誰もがその中で生きている。

 

ガラスの厚さや強度は人それぞれで違うけど、下記2点の特性はすべての卵に共通している。

 

・他人からは中身が丸視え

・内側からは外が視えない

 

つまりマジックミラー的なもの。

 

上下左右、360度、どこに目を向けても歪な自分が写るだけ。

 

俗に言う“成長”とは、このガラス(カラ)を破って卵の外に出ることだ。でも、出たら出たでまたすぐに、もっと大きなもっと強固なカラに覆われる。世界は少しだけ、広くはなるけど。

 

僕らは、ある一定の年齢までは、義務とか夢とか見栄とか希望で、半自動的にカラを破れる。放っておいても体が大きくなっていくし、それに伴って無意識にカラを突き破っていける。

 

でも、ある一定の年齢を過ぎれば、自ら“意識的に”カラを破って行かないと成長は、世界の拡張は停止する。それでも別にみんなそうだし、生きて行く分には特に支障がないもんだから、誰もカラを破って外に出ようとは思わない。

 

だってこのカラはガラス製だし、中身の自分は丸裸だし、ヒビを入れるにも、穴を開けるにも、パワーも勇気も体力も要るし、それに比例した疲労や痛みを伴うし、やっと小さな穴を開けられても、その瞬間に破片が全身に降ってくるし、出口もトゲトゲで、出て行けたとしても傷もいっぱい負うし、全身が血まみれになるし。

 

ってな感じで(もういいや)って結論になる。それは当然、おそらく正しい感覚だ。だからほとんど誰もが死ぬまでガラスの卵の中で生きる。

 

ただ稀に、完全にカラの外に出て、自由に羽ばたいて飛んで行く人もいる。すごい人だ。すごい人だと思うけど、自分はそこまでして飛びたいとは思わない、、思わない、、??、、思わないかは、わからない。まだまだ幾重にも覆われた、このカラの内側にいる間は。

 

自分という意識は、このガラスに反射した事実であり幻想だ。とても不確かで、でも、どこまでも現実だ。

 

僕らは何かに囚われてないと、きっと怖くて動けない。矛盾しているようにも思うけど、羽ばたいている人を視る度に、何故か何故だかそう思う。

 

ガラスの卵は僕らを護るための盾でもあるけど、僕らを閉じ籠める牢でもあるのだ。

 

だから、じゃあ、どうすればいいのか。

 

それは自分で決めればいいし、自分にしか決められないこと。だって、生きていけるのだから。別にカラを破らなくたって、赤い血を流さなくたって、まだ視ぬ世界で飛べなくたって。このままで、その中で、生きて、生きていけるのだから。

 

なんか、そんな事をね、考えた。

 

拳を強く、戸惑いながらも強く、弱く、握りしめて。

 

一発、このカラ、殴ってみようか。

その前に久しぶりにブログでも書こう。

 

とりあえず、そんな夜のお話でした。

TLFJ.

変わらないために、変わり続けるために。

 

好きなバンドのLIVEって、どうしていつも最高なんですかね。

 

✳︎

 

あの日。はじめて彼らの音楽を身体で聴いた日。どうしようもない感動に襲われたことを思い出した。 

 

誰が最初に言ったのか。

 

tacicaの曲は、どれも褪せない』

 

確かにそうだ。新曲も旧曲もない。過去も未来も、彼らにはない。それはつまり、何時だって“現在”にいるということなのだろう。

 

日常を生きていると、何時の間にか日常に取り込まれて仕舞うのが人間の世界。その自分という日常を、◯か✖️かで評価するだけになる。そんなかさぶたみたいに固まった日常に問いを投げる、そんな直球で誰にも分からない答えを彼らは唄う。

 

何を書いてるのか分からない。
でも、それが本当なのだ。

 

✳︎

 

久しぶりに聴いた彼らの音楽は、あの日とは少し違って観えた。でもやっぱり、最高以外の何物でもなかった。

 

変化って、何なんですかね。成長も停滞も退化も全部。そのモノや、そのヒトの、そのトキでしかないじゃないですか。点と点と点でしかないじゃないですか。

 

時間というのは不思議なもので、水の流れに意味を持たせた。本当はそんなもの、あるわけないのに、ね。

 

今を生きる、とか言うと。急に俗っぽくてダサくなるけど。生きてるって事実は、常に今しかないんだよ。その当たり前を証明できるのは、本当に、今しかない。だから“今を生きる”って変な言葉だ。僕らの“生”は“今”にしかないのに。

 

そんなことを思いながらの2時間ちょっと。また行こうと思えた今が、ここにあります。変わらないために、変わり続ける。今日の僕も、いつかまた、きっとどこかで。

 

fin.